ブログトップ

息子まにあ

debedebeso.exblog.jp

怪談Ⅱ(府中市郷土の森博物館)

パパが息子に怪談をする話を書いたけど、一晩クールダウンして感じたことは、
子供は経験が浅いから、それが怖いものか判らないということ。

まあ、大人でも経験しないとわからないことは沢山あるけど、
子供は純粋な分影響を受けやすいのね。

という、当たり前のことを再度実感。

子供に何でも経験させたいという気持ちは私もオットもあるけど、

オットは悪いことや怖いことの方が多いんだよね。なんだかな・・・。

息子が小学校に進級したら、先生や生徒にもっと理不尽な思いをさせられるかもしれない。

でも、
それも社会経験だ。という考えと、
守ってあげなきゃ。という考えが交錯しちゃうかも。

いじめとか、モンスターママパパとか私の小学生時代とは明らかに違うもんね。こえ~。

とりあえず、息子とよく話をしたり、子育てブログとか読んじゃおう(笑)

深刻な話だったけど、少しクダラナイ話も聞いてください。

次男は怪談と階段が良くわかっていない
先日東京都府中市の郷土の森博物館に遊びに行ったときのこと。

敷地内には昔の屋敷とかお店、学校が建っているのね。
その尋常小学校に入ったとき

次男「ママ、大変だ。学校のかいだんがある!
深刻そうだが、連れて行かれたのはもちろん階段の前・・・。
f0202231_9231579.jpg

ここね。
f0202231_919282.jpg

クレープも「クレープフルーツ」とか言うし。まだ3歳だもんね。

その後は水遊びをして、かき氷を食べてご満悦でした。
f0202231_9233754.jpg

f0202231_924726.jpg
郷土の森博物館は落ち着いていて良い所だった。
東京にも緑は意外と多いんだな~。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2009-08-26 09:44
<< ハム子さん 寝相 >>