ブログトップ

息子まにあ

debedebeso.exblog.jp

東海大学海洋科学博物館(その2)

ミノカサゴ。ヒレに毒、あります。優雅なヒレや模様だけど、ユニークな表情だよね。
f0202231_10265014.jpg


マツカサウオ。まつぼっくり君。下あごが光る。金目鯛の仲間で大変美味な魚らしい。意外。
f0202231_1027493.jpg


あなご。の下にも誰かいるね。
f0202231_10284576.jpg


博物館を入ってすぐのところにウツボがいる。

「があ~。あんたたち、東京から来たのかい」
f0202231_1030989.jpg

彼がいる透明の管は、金目鯛のような魚が泳ぐ水槽とつながっている。
つまり、捕食シーンを見ることができるんですね・・・。見たかったな。

大水槽にはシロワニがいる。ワニという名前なのに、サメ。ややこしい。
でっかいアンコウの剥製や165センチ(!)のおひょう(カレイみたいな魚)のホルマリン漬けもあった。

旭山動物園に似てると思っちゃって、ごめん。何だか展示の次元が違うよ。027.gif

かわいらしい展示もある。(フォロー)
ニモ。クマノミのミニ水族館。
f0202231_10471133.jpg


しかし、さすが海洋科学博物館。シャチのような柄のクマノミも。マニアック。
f0202231_1036983.jpg

これは、息子達大興奮!
しかし、長男、興奮して「もにだあ!」と叫ぶ。周りの人々はみな心中で突っ込んだに違いない。
f0202231_10365615.jpg


2階にある、機械の魚も男子にはたまらない。
ラジコンのように自分で動かせる。
f0202231_10381057.jpg


3D映画もあるでよ。もちろん彼は映像に向かって手を伸ばし続けた。
f0202231_10474781.jpg


地方だから混雑していなくて 観賞しやすかったのもヨカッタ053.gif

f0202231_10425830.jpg


清水は次郎長ちびまるこちゃんだけの街ではないんだね。奥が深いぜ。静岡。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2009-10-05 11:48
<< 黒大奴【くろやっこ】 東海大学海洋科学博物館 >>