ブログトップ

息子まにあ

debedebeso.exblog.jp

オーストラリア【ケアンズ】旅行(後編) sanpo

ケアンズで動物や植物を堪能した。
一番インパクトが大きかったこと。

オーストラリアのカブトムシは鳴く!!
f0202231_11564994.jpg

シューシュー言ってるの!威嚇してる!ヒメカブトっていう種類なのかな。角が日本のより短い。
(動画があるんだけど、アップの仕方がわからない・・・知っている方ご教授願います)
公園の近くで見つけて、地元のお母さんと子ども達の注目の的に!
「オーストラリアンビートル!数が減ってきてるのよ。ラッキーね、あなた達!」だって。イエーイ。

ワニ。ワニがいるのでケアンズのビーチでは遊泳禁止。干潟だしね。
(かわりにとてもキレイに整備されたプールがある。)
これはトロピカル動物園の方。
f0202231_126154.jpg

この看板、好きだ。
f0202231_1272580.jpg


ヒクイドリ。火の鳥のモデルらしい。確かにこの流し目には見覚えがある。
f0202231_12413332.jpg


赤ちゃんがお母さんのおなかから覗いています!!ちょうどピョコンとでてきたの。
f0202231_12445810.jpg

彼らは、非常に人に慣れている。キュランダの動物園にて。
f0202231_12244183.jpg

キュランダのアーミーダックという水陸両用車に乗ると、キュランダの植物を色々ガイドしてくれるよ。
f0202231_1228471.jpg

f0202231_12282355.jpg

アーミーダックは第一次世界大戦時に実際に使用された軍の車。
(余談だが、旅行中、なぜか水木しげるの自伝を読んでいたので、感慨深く感じた。)

アリ塚。レモン味のシロアリが中にいます。ガイドさんは食べていたよ。
長男も薦められたが、慎重派の彼は丁重にお断りしていた。
f0202231_12325539.jpg


先述のとおり、ケアンズの海岸沿いは干潟なので、ムツゴロウやカニがいる。
ペリカンもいる。いつも20羽くらいで群れをなしていた。
f0202231_12374813.jpg


ムツゴロウ。有明海みたいな仕打ちを受けないでよかったねえ。
f0202231_12485351.jpg

ムツゴロウは英語でMudskipperという。そのまんまだね。
f0202231_1303431.jpg

「MUDDIE’S PLAY GROUND」と言う公園でずっと遊んでいたんだけど、
これムツゴロウのことだったんだね。

引き潮時にマッドクラブ発見!中華料理店で高級食材らしい。
父ヒデオはラム肉でザリガニ釣りの要領で釣ろうとしたが、
立ち入り禁止、釣り禁止なので、必死に止めた私。
f0202231_137781.jpg

ヒデオ「捕りてえ・・・」
f0202231_1372899.jpg


ちなみに市場の生鮮食品は種類豊富で新鮮で安い。マンゴーは1個100円しないくらい。
f0202231_13263867.jpg

スーパーは乳製品やお肉が激安。でも物価は日本並み。外食は日本より高いと思う。
f0202231_13122277.jpg

f0202231_1314417.jpg

f0202231_13143698.jpg

ただ焼くだけでオイシイ。
f0202231_13151298.jpg


散歩中に見つけた猫。
f0202231_13172255.jpg

とても人に慣れている。
f0202231_13173881.jpg


巨大なコウモリが何千羽も木に止まっていたり、キレイな声で鳴く鳥が沢山いたり。
オーストラリアは動物好きにはたまらない国でした。
(実際に鳥を見るためだけに来る人もいるんだって)
宿泊先の部屋をいつもキレイに掃除する父。(ハウスキープの人がいるのにね、習慣らしい)
f0202231_13295193.jpg

実家もきれいだもんなあ。見習おう。
父ヒデオ「また、絶対行こう!
ケアンズがえらく気に入った模様。大きな事故もなく、ヨカッタヨカッタ。

でもお父さん、次回は時計くらい持ってこようよ。
ワシは腹時計で平気」・・って、海外旅行では危険すぎだよ。034.gif
[PR]
by ranan-kyurasu | 2009-12-04 12:54
<< バチ オーストラリア【ケアンズ】旅行... >>