ブログトップ

息子まにあ

debedebeso.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

友達が遊びに

長男の友達がうちに遊びに来た。

実は初めてのことである。
保育園生活はお互いのお母さん達に時間がない。休日はゆっくりしていたいし。
あまり仲良しの保育園ママいないし。
(・_・;)
治安が心配なので、最近ようやく子供達だけで近所に遊びに行かせている。今日はそこで友達に会ったそう。

まず次男が帰宅
次男「ママ、長男のお友達をうちに連れてきてもいい?」

いいよ。

次男「ありがとう!連れてくる」

5分後、長男、次男、お友達が我が家に来る。
お友達も初訪問なので緊張気味。

でも次男のおならで一気に場が和む。
おならパワーすごい。

三人で無邪気に遊んでいる姿を見て感動する私。灰谷健次郎の「太陽の子」にでてくるおじいさんを思い出す。
主人公の男の子のうち(おじいさんの家)に初めて友達がやって来て涙するシーン。

長男は初めて友達がうちに来て満面の笑みを浮かべていた。

次男も舞い上がって、「お風呂沸いたけど、入る?」とか言っていたり。(入らないよ!アハハハとまた笑われていた)

何だか大きくなったなあ、卒園式より感動しちゃった。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-28 21:22

次男のおままごと

次男がりんごの段ボール箱でおままごとしている。

ぬいぐるみを段ボールに入れて、ブロックをヘラ代わりに使ってザカザカ炒めている。

次男「ママ、カメのステーキと野菜せんべいです!さあ、どうぞ!

さあ!と言われましても。

私「斬新なメニューですね

次男「そうですよ。あっ、塩昆布入れ忘れた!

プラスチックケースを段ボールに放り込む次男。

【本日の次男メニュー。】
亀ステーキ
野菜せんべい
塩昆布がけ。

次男の料理センスは斬新です。よね。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-28 13:56

卒園式

長男の卒園式に出席。
出発5分前まで普段着で行こうとしてオットに指摘される。

次男のクラス名も1年間間違えて覚えているというダメッぷり。

こうして、長男はしっかり者006.gifになったのね。

卒園式は、先生達や父兄は感動で泣いていたけど、私は

園児達のスーツ姿が小さいサラリーマンみたいで可愛いなあ016.gif
とか、
みんなビデオや写真を撮っているから拍手の音が小さいんだなあ015.gif
とか、一人でふむふむと考えていた。

クラスで何人か苗字が変わっている子がいて
ワタシ「あの子、名前が変わったね。リコンかな・・・」とつぶやいたら

長男「大きくなったら名前も変わるさ

出世魚のようなことを返答してくれたので、それ以上深く考えず。

とにかく、無事に卒園できてめでたいことです。
残された次男はちゃんと保育園に行ってくれるかな・・・。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-27 17:11

小さいままが

会社から帰宅後、長男と買い物にいく。
傘をさして手をつなぎながら歩いていると、

長男「長男はね、きっとママより背が高くなるよ。でも今の小さいままがいい気もする。」

私「なんで?」

長男「だって、長男が大人になったら、ママはお婆さんだから死ぬかもしれないじゃん」

息子が私の将来を想像する日がくるとは。

婆さんだけど。

長生きして元気な婆さんになろうと思います。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-26 07:52

佐渡国小木民俗博物館

佐渡の小木にある、民族資料館。
江戸時代の船を再現した千石船「白山丸」もここに展示されている。
f0202231_15573173.jpg

民族資料館は大正9年に立てられた小学校がそのまま使われている。
f0202231_1559273.jpg

なぜか、次男が「そこのお嬢さん」と呼んでいたマネキン。
f0202231_1603581.jpg

館内には小木町内で収集した昔の農具、漁具などが沢山展示されている。
しかし、農具に限っては父いわく、
うちにもあるよ。これはね、足でこうやって使うの。」・・・地元のガイドさん?
ニシンを(肥料として)畑に撒く道具もあったんだって。見てみたい!
f0202231_1681252.jpg

ここの資料館は展示品がものすごく多いのに結構無造作に展示されている。
まだ現役で使っている道具もあって、地元の人から見たら珍しくないんじゃないか、というのがワタシと父の予想。
癒された民具。
f0202231_1643945.jpg

釣りのウキが「はりせんぼん」なんですけど!!
f0202231_1653960.jpg

当日はあいにくの強風で、来館者は少なかったけど、イベントの翌日ということで
入館料が無料だった。もっと宣伝すればいいのになあ。もったいないぞ。
可愛いネコもいます。
f0202231_16112572.jpg
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-24 16:18

たたこう館(鼓童)

佐渡の太鼓芸能集団「鼓童」。
世界中でライブを展開する、実は凄い人たち。
夏には佐渡で「アースセレブレーション」も開催する。
小木の山道ドライブ中に鼓童の交流館を見つけたので
ワタシも父ヒデオも予備知識はほとんど無いまま、「鼓童」の世界に突入する。
f0202231_1565477.jpg

太鼓体験は予約が必要だけど、見学ということで少し太鼓をたたかせてもらったよ。
推定600年のケヤキの大太鼓。ぶたの鼻みたいな所は木の枝が生えていたところ。
f0202231_1591213.jpg

左の方がしんちゃんせんせい。父とおしゃべりしている。なぜか次男もいる。
f0202231_1511526.jpg

しんちゃんせんせいも昔は世界中で演奏した演奏者。
現在は太鼓体験教室の先生をしている。50代にはとても見えない若さ!
表情が豊かな人だなあ。息子達もすぐになついてしまった。子供って人を見る目があるよね。
今度、オットと一緒に太鼓を習ってみようかな。「趣味は太鼓」ってカッコイイぞ。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-24 15:24

野菜倶楽部【佐渡島編】

東京の野菜たちはすっかりムクドリに食べられてふてくされている私。
佐渡の庭にばら撒いた種はどうなっているかな~。

育っている!!
f0202231_1447585.jpg

サラダミックスの種から育った何かの菜っ葉。
緑の野菜は「ちんげんさい」ですかね。
f0202231_1448295.jpg

はっぱがものすごく柔らかくて美味しそうだったけど、
収穫し忘れちゃった。ハハハ。

その他、佐渡の家の庭で見つけた「春」の顔
ふきのとう
f0202231_14501114.jpg


f0202231_14503232.jpg

水仙
f0202231_1450537.jpg

他にも福寿草がきれいだったよ。
沈丁花は咲き始め。
佐渡はこの時期「雪割草」が旬らしい。
花がキレイな島なのだ。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-24 14:56

ドングリ

密かに、私の髪を、もうショートヘアーにしちゃえ!と考えていたら、
長男「ママ、こういう髪型可愛いんじゃない?」
長男が指さしたのは胸までロング、デジパーでくるくるの髪型の女子。
私「うん、前にこんな頭だったね。でも今度は次男みたいに短くしようかな~」

次男「ママ、こんなドングリみたいな頭になるのか?」

…確かに次男は「くぬぎ」っぽい。

四歳なのに、こんなに自分を客観視できてすごいぞ、次男!

「くぬぎ」ですけど。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-22 22:21

さどの日

「さどの日」を利用して佐渡島にいる。
提携先のホテルに宿泊すると、フェリー料金等が割引きされるもの。
ホテルは八幡館を選んだけど、ゆったりした部屋でとてもくつろげた。
息子達も父ヒデオも大満足だった模様。

心配症の母がいなかったので、行き当たりばったりのドライブを満喫する。
おかげで放し飼いの鶏の卵屋さんや、
「鼓童」の交流館を発見する。
鼓童とは、佐渡島を拠点に国際的な活動をする太鼓芸能集団のことで、私も名前だけは知っていたけど、交流館を見学して、ライブに行きたくなったよ。
鼓童で出会ったしんちゃん先生は、今まで出会った人の中で一番見た目年齢が若くて衝撃的!
色んな人がいるんだなあ。

佐渡は地味な場所だけど、独特の芸能が盛ん。薪能や鬼太鼓は素晴らしいよ。

一方、佐渡の家は着々とインド仕様に変わっている。一部屋だけね。念のため。
まあ、砂壁を珪藻土に塗りかえたりするだけですが。壁を塗るのは、ケーキのナッペそっくり!楽しい。
左右の手を駆使して(私は両手が利き腕)4分の3程塗り終わる。
父ヒデオにも好評で良かった。

佐渡での生活は自分の成果がすぐ目でわかるので、やりがいがあるなあ。
いつもこういう感覚だとしんちゃん先生みたいに老けないかも。

帰宅したら佐渡の写真を載せます。
(^◇^)┛フェリー、ちゃんと出航するかな。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-22 21:48

枕2

まだ自分専用の枕が使えない。

今度こそ!と意気込んだが、次男が・・・。

ママ、窓際は寒いでしょ。次男がそっちで寝てあげるよ。
親切心全開!(・・・偽善?)

あの手この手でワタシの枕を奪う次男。
ニコニコしながら寝られると取り返せない・・・。

でも、少し前までは同じ布団で二人で寝ていたのに、
もう窮屈になった。
次男は成長している。

そんな枕奪い合戦(?)の中、長男は、ワレ関セズと静かに眠りについた。
保育園でお昼寝してないからな~。
[PR]
by ranan-kyurasu | 2010-03-18 20:30