ブログトップ

息子まにあ

debedebeso.exblog.jp

日本一の滑り台

快晴の日曜日、紅葉の綺麗な奥多摩を超えて、東京と山梨の県境に行く。

山梨県丹波山村。
たばやまむらと読む。
つくば万博の
「コスモ星丸」の親戚みたいなキャラクターが街頭や派出所の上などいたるところにいます。

オットが
「クラッピイ」(クラゲに似ているから)
と呼ぶので、正式な名称は失念。

とにかくこの村に日本一の滑り台があるというので滑ってみることにしたよ。

街道に「滑り台」の道案内はあるけど、手書きっぽいし、よほど注意しないと見落とします。

案内通りに行くと山の上に城郭が見えてくるよ。

その城郭が滑り台のてっぺん。山の上から滑る模様。

大人400円、小学生200円で滑り放題。
手袋と、プールで使うビート板の親玉みたいなやつを借ります。
あとは上まで登って滑るべし!滑るべし!
ビート板の上に体育座りで滑るの。
普通に滑って2分半かかるローラー滑り台。
勿論子どもは大喜び!

いや〜、楽しい。スピードはいい感じにセーブされるので安心よ。
ただ、登りがひたすら階段なので辛い。
足がガクガクする〜。
それでも五回滑ったから頑張ったと思う。
疲れたので、温泉に入って帰宅しました。
はしゃいで温泉にじっくり浸かったからみんな撃沈。

体を動かすのは気持ちがいいねえ。

でも翌日、腰が筋肉痛になったのは家族には内緒です。
by ranan-kyurasu | 2010-11-23 00:51 | 外出(首都圏)
<< 台湾旅行 台湾の猫(予告) >>